コミュ障 仕事できない 勇気が大事!何かにぶつかった時、悩んでしまった時には、コミュニケーションを取ることが大事です!

私はアメリカの大学に
5年間留学していた経験が
あります。




私はアメリカに
憧れていました。



アメリカに留学することが、
私の夢だったんです。


ですが、最初の頃は、
授業の内容や相手が何を、
言っているのか、全く
わかりませんでした。



ですが、あるキッカケで
急にわかるようになったんです。


わかるようになったと
言うか、わからなくて
当然だったんです。


あなたがこれを読むと、
なるほど!
そんなことだったの?



って思うと思います。



ですが、悩みが深いほど、
一人で塞ぎ込んで
しまいますよね!?



そうならないためには、
コミュニケーションを
取ることです。


あなたと同じように
考えている同士は
たくさんいるんですよ!

私が志望していた大学は、
環境の学部が新設されていた
北アリゾナ州立大学でした。




9月の入学に間に合うタイミングで、
TOEFL550点を取れたんです!


やりました。
夢が叶った瞬間です!

1990年9月に大学に入学
することができました!


いよいよって感じで
学生生活がスタートしたんです!
ですが、ここからが大変でした・・・


そこで私に驚愕の出来事が起こりました。



授業で先生が話している英語が、
全く分からないんです。

正直、ビビりました。



英語を読む、書く、聞く、
話すトレーニングを2年も
やって来たのにです。



授業は講義だけではなく、
実験のような実習もありました。



実習では周りの生徒と組んで
実験をしたりしますので、
どうしても会話をする必要が
あるんですね。



その実験のパートナーとの会話でも
相手が何を言っているかが、
全く理解できない時がありました。



流石に青ざめました。
この先やって行けるのかと
不安になりました。

そんな感じでスタートから
約1か月が経過した辺りでした。



いつもの講義に参加した後に、
隣に座った学生が私に話かけて
来ました。



この先生の言っていることわかる?
って聞いて来たんです。



いや全く分からない、と答えました。
そうしたら、隣の子も、
私も全く分からないと言ったんです。


講義の先生の英語は、
訛っていたらしいんです。
西部訛りと言うやつです。



そ、そうだったのか!!

それから、
実習のパートナーの話です。
隣にいつもいる学生に言われたんです。


お前のパートナー何言ってるか、
わからないんだけど、お前わかるの?



いや、俺も全く分からない・・・

私に問題があったのではなくて、
相手に問題があったんです!



日本人の悪い癖だと思いました。
相手を疑う前に、自分を疑ってしまう。


なんだよ、もっと早く周りと
コミュニケーションを取って
置けば良かったよ!



本当にそう思いました。
時間を無駄にしましたね。

この経験は、
今でも生かされています。


スキルなし、経験なしの私が、
ネットビジネスを始める上での、
重要なマインドとなっているんです。


分からないのは、
あなたのせいではなくて、
求める情報が手に入らないから
不安に駆られているだけです。




あなたが、
本当にコミットしたいのであれば、
分かっている人に話かけて
みるのが一番の近道です。

私もビジネスを学んでいる途中ですが、
私の悩みを聞いてくれるメンターが
いますから、不安は一つもありません。



ですが、いきなり知らない相手と
電話をするのは、怖いですから、
まずはメールやラインなどで、
連絡を取ってみたらいいと思います。



この記事では、
私のアメリカ留学時代の経験が
今取り組んでいるビジネスをやる
上でのマインドに通じている、
と言う事をお伝えして来ました。



まず大事なのは、勇気を出して、
コミュニケーションを取って
見ることです。


最後までお読み頂き
感謝申し上げます。



あなたがこの先
成功するためには、
行動を起こすことが大事です。



ビジネスで色々挑戦してきた私が、
ビジネスに関する情報を発信しています。
↓↓↓

友だち追加


これから先も私が経験して
来たことや知っていることを
惜しみなく公開して行きます。




タイトルとURLをコピーしました