仮想通貨 何? 知らないと 恥ずかしい?

投資・権利収入

仮想通貨とは
結局なんでしょうか?



仮想通貨はインターネット上に
存在するデジタル通貨で、
現在では暗号資産と呼ばれています。


本当の通貨との相違点

普通のお金ははそれぞれの
国が発行し管理を行っています。


普通のお金は、発行元に国
といった主体があり、
法定通貨を管理しています。



ですが、暗号資産は国や
銀行のような発行元はありません。



一般的な法定通貨とは異なり、
暗号資産を利用するユーザー同士で
管理がなされています。



さらに、暗号資産は
発行数が決まっており、
価値が下がらないように
希少性を高めています。



暗号資産の用途

暗号資産は、一般の通貨と同様に、
物やサービスを購入することが可能です。



ですが、まだ暗号資産を
取り扱う店舗などは少ないのが
現状です。


暗号資産はデジタル通貨ですので、
貨幣やコインのように
物質的に存在はせず、
ネット上に存在します。



ネット上に存在する暗号資産は、
送金がとても簡単にできます。



ネット上で行う銀行振込や
ネットバンクと似ていますが、
暗号資産は銀行のように



仲介するシステムがありませんので、
無料または安く送金ができるんです。




商品の売買や送金が
簡単にできる仕組みには、



ブロックチェーンという技術が
使われています。


ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは、
暗号資産をつかさどる技術です。


ブロックチェーンとは、
暗号資産の取引が記録された、
ネット上の台帳のようなものです。


記録された取引を
1つのブロックとして記録し、
その情報を鎖のように



結ぶイメージから
ブロックチェーンと呼ばれています。



ブロックチェーン技術を使って
取引の記録が行われますが、
決済は誰が行うのでしょうか?


マイナーとは?

世界中で行われる暗号資産の決済は
「マイナー」と呼ばれる者が
決済しています。



マイナーは、
誰かから任命される訳ではなく、
自分が実施者となりマイニングを行います。



手間であるマイニングには、
作業の報酬としてコインを
もらえるメリットがあります。




さらにマイナーは誰でも
なることが可能です。


しかしながら、現実は
高速で処理できる設備代や、
膨大な電気代がかかります。



ですから、専門業者または
団体がマイナーを担っています。



ここら辺からの話が
急に理解不能になって来ませんか?



私もそうです。
ちょうど映画「マトリックス」を
見ているような感じになります。



映画を見ているのに、
何が行われているのか、
良く分からない状況・・・



暗号資産の種類

現代の暗号資産の種類は
2,000以上存在しています。



ビットコインが有名ですね。


暗号資産はビットコインから
始まりました。




余談ですが、2008年に
サトシ ナカモトという匿名の人物が、
電子通貨ビットコインの論文を発表し、
暗号資産ビットコインを誕生させました。




このサトシ ナカモトという人物は、
いまだに正体不明なんです。


性別、年齢、個人なのか組織なのか、
全くわかっていません。



その後、ビットコインの誕生から
派生した暗号資産アルトコインが
次々と誕生しました。




アルトコインとは、
ビットコイン以外の
暗号資産のことです。



アルトコインの種類は1,000以上あります。
・イーサリアム
・リップル
・ライトコイン
・ビットコインキャッシュ


投資としての魅力

暗号資産(仮想通貨)は
投資としての魅力があります。




暗号資産の投資は、
そんなに難しくありません。



始め方をご説明いたします。


暗号資産取引所で口座を開設

取引所は「セキュリティ」
「利用のしやすさ」「手数料が安い」で
選ぶのがおススメです。


例えば、
Coincheck(コインチェック)です。



Coincheckは関東財務局登録済みの
取引所で、取引手数料が無料、
コイン500円から購入可能でです。
↓↓↓

Coincheck(コインチェック)の詳細 | ポイ活するならモッピー|ポイントサイトの副業で副収入・お小遣い稼ぎ
Coincheck(コインチェック)の詳細です。広告利用すると、1P=1円のモッピーポイントを獲得できます。貯まったポイントは、現金やAmazonギフト券、App Store & iTunes ギフトカードに交換できます。




次にコインネオです。
↓↓↓

《無料》【仮想通貨】メール講座(全5回)AIカンタン投資!コインネオ

コインネオの特徴は、
自動売買ができることです。




まずは、取引できる場所を
選ぶ必要があります。


開設した後に日本円を入金

入金には「銀行振込」
「コンビニ支払い」
「クイック入金」などがあります。




入金手数料がかからない
銀行振込がお勧めです。



暗号資産(コイン)の購入

コインを選んで、
取引する量を入力したら
購入を行います。



少額からでも始められる暗号資産に、
いずれ触れてみたいとお考えであれば、
始め方は覚えておいて損はありません。



暗号資産(仮想通貨)のリスク

ここまでは、
暗号資産の概要や仕組み、
買い方などについて
説明してきました。


ここからは、リスクについて
整理しておきます。



価格の変動が激しい

株や為替などと比較しますと、
暗号資産は誕生して期間が短いので、
相場が決まっておりません。



法定通貨のように
共通認識がない分、
値動きが激しいのが特徴です。

値動きが激しい投資は、
リスクが高いですが、
小さいな投資でも



大きく増やせるのは、
暗号資産の魅力でもあります。


盗まれる可能性がある

暗号資産はネット上で
取引されていますので、
ハッキングによる盗難の
可能性があります。



中央管理者がおりませんので、
盗まれても保証はありません。



ご自分で管理し、ご自分で
守る必要があります。



ですから、信用できるサイトでの
運用をおススメ致します。



サーバーが落ちる

利用者が多い暗号資産の取引は、
サーバーがダウンすることがあります。



値動きの激しい取引から
チャンスを逃すまいと、
ユーザーが一斉に
アクセスをするからです。



最新の情報

暗号資産の取引は、
ご自分で行うか、
AIの自動売買が一般的ですが、



海外は違います。
トレードはトレーダーに
任せるのが一般的です。



まだ日本では少ない
トレード方式ですが、
海外では一般的です。


コピートレードと言います。
詳しくはこちらです。
↓↓↓

メルマガ登録で情報をゲット!
楽天おすすめ商品
投資・権利収入
中ちゃんをフォローする
なかびじ
タイトルとURLをコピーしました