ブログ seo キーワード SEOライティングツール!穴埋め式の SEOライティングツールが登場!1記事目からスラスラと書き上げる

どうすれば、ハイクオリティな記事を

スラスラと書けるようになるのか?



その仕組みをお伝えする前にまずは

「なぜ、記事が書けないのか?」

という現状の疑問について

お答えします。



よく「自分には文才がない」だとか

「能力が低い」と勘違いされている

人がいますが…



まったく違います。



では何なのか?

答えは単純明快です。



イチから懇切丁寧に『記事作成』に

特化して解説してくれているような

正しいWebライティングの学習法に

出会っていないからです。



いや…ちょっと待ってください。


私はちゃんと、いい教材で勉強してますよ。



本当にそうでしょうか?



じつは、よくあるWebライティング

学習法ではフワッとした抽象的な

内容や小手先のテクニックしか

学べません。
↓↓↓

ハブ式 システマチックSEOライティングメソッド

書籍の場合

ページ数の都合で具体例や

根拠が少なく、情報不足です。



また、WebやSEOが関係ない媒体の

文章術を伝えていることもあり

その場合はWebライティングには

不向きです。

コピーライティング教材の場合

前提知識が必要となっていて

難しかったりそもそも方向性が

違うという問題点があります。


コピーライティングは成約を

とるには役立つスキルですが

実際に記事を書き始めてみると




「書きたいのは売り込むための

記事じゃなくてもっと普通の

記事なんだよな」



と感じることも多いでしょう。




そう、多くの場合必要となるのは

成約を取るための記事ではなく

アクセスを集める(集客のための)

記事なんです。



先にSEOやWebライティングを

学ばなければ記事を書けない、

上位表示ができない問題は

解決できません。




これではコピーライティングを

活かしようがないのです。
↓↓↓

ハブ式 システマチックSEOライティングメソッド

アフィリエイト教材の場合

サイトの作成から網羅的に学べますが

それゆえに肝心の記事作成部分が

薄くなりがち。




「上位記事を参考にする」

「キーワードについて書く」

などの抽象的な表現にとどまっています。




説明は理解できても、いざ実践するとなると

何をやればいいのかわからなくなってしまうのは

具体性が足りていないことが原因。



つまり、どれだけ具体的で、明確な根拠を提示しながら

実践しやすいように順序だてて解説されているか

これこそがWebライティング修得のキモなのです。



もう一度、確認しますね。



あなたの教材・学習法は

本当に『記事作成』に特化していて

具体的な内容でしょうか?



もしハッキリと

「自分は具体的に順序立てて学べている!
100点満点で、不満なんて一切ないんだ!」

と言えるなら、この記事をこれ以上

読む必要はありません。



あなたはすでに

素晴らしい記事を書けるようになっているか

いずれそうなるであろう、正しい道を通っています。




どうぞ自信を持って執筆を続けてください。

口先だけの「コンテンツ・イズ・キング」

コンテンツ・イズ・キング

この言葉をご存知でしょうか。




「小手先のSEOよりも
記事の中身が大事だよって意味でしょ?」



はい、そのとおりです。



SEOをかじったことのある人なら

口を揃えて言う言葉ですし

ブロガーやWebライターなら一度は耳にしますよね。



ところが今お話してきたように

その肝心の中身、記事作成については詳しく解説されていません。



表向きは「中身にこだわろう」と言いながら

「読者第一」や「わかりやすい記事を書け」などの

抽象表現で終わってしまっているものが非常に多いのです。



矛盾していると思いませんか?



読者第一のわかりやすい記事にするためには

どうすればいいんですか?と教材に向かって

語りかけても答えてくれるはずもなく…。




モヤモヤや、フワッとした印象だけが残って終了。



これでは時間を無駄にするだけで

学習の意味がありません。



私たち学ぶ側からすれば

少しでも事例や根拠が欲しい!



とくに初心者のうちは



「これでいいのかな?」

「なんでそうするのが良いの?」



と、ほんの少しでも迷いや疑問が生まれたら

その時点でキーボードを打つ手が止まってしまうもの。



些細なことでも疑問を残さないよう

具体的に書かれていないと

学んだつもりになって終わってしまいます。



「他のサイトや記事の真似をして書け!」



これもよくある意見ですが、やはり具体性に欠けます。



そもそも真似をするサイトや記事が

本当に真似をすべき良質な記事なのか?

判断ができませんよね。



いやいや、それができたらもう十分書けてるよ、と。笑



自分の記事の悪いところや改善策がわからないのに

他人の書いた記事を見てもわかるはずがありません。



まずはその判断基準から教えてくれ

と、言いたくなりませんか?



まずは明確な判断基準を知ること



これこそが『コンテンツ・イズ・キング』を実践するための第一歩です。



あ!



画像を軽くしてページの読み込みを速くする

なんて、小手先のSEOに逃げても意味がありませんよ。



そういった施策は中身を良くしたあとに

する話なのでダメダメな記事でいくら

やったところで順位に影響を

与えることはありません。



まず大事なのは中身。



その中身をよくするために

明確な判断基準をもつことが大切です。
↓↓↓

ハブ式 システマチックSEOライティングメソッド

「とにかく書いて慣れろ!」無意味な数稽古はもう終わり。

「とにかく書いて慣れろ!」


もしあなたが、こんなアドバイスを

鵜呑みにして実践しているとしたら

すぐにやめてください。



何の根拠もなく、ただ闇雲に

書いたところで上達するはずが

ありません…。



スポーツを想像してみてください。


ただ闇雲にバットを1,000回振ったら

野球でヒットやホームランが

打てるようになるでしょうか?


サッカーボールを闇雲に1,000回蹴ったら

サッカーはうまくなるでしょうか?

…なりませんよね。



きちんとしたフォームを意識して

狙いを定めてバットを振る。

ボールを蹴る。



基本的な型やルールを守って

行うからこそ練習は意味があります。


じつは、これはライティングにも当

てはまります。



いえ、それどころかライティングの場合、

型がしっかりとしていれば

それだけで自己流で書いている人を

超えてしまいます。



それくらい『型』が重要です。




ちなみに、ここで言う『型』は

記事の型だけではありませんよ?




リサーチ、考え方、構成

記事作成に関わるすべてのこと。




つまり作業手順や考え方(判断基準)も

含んでいます。



極端な話、あなたがベテランの

Webライターと同じ手順で

リサーチをして、同じ考え方

(判断基準)で必要な情報を見抜き、

同じ構成で記事を書く。




そうすればハイクオリティな記事を

書くなんて当たり前にできると

思いませんか?




「そりゃそうだよな」

そう感じていただけたなら、

これからは無意味な数稽古を

やめて下さい!
↓↓↓

ハブ式 システマチックSEOライティングメソッド

まずは、1記事目からハイクオリティで書きましょう

「それができたら苦労してないよ…」

そう言いたくなる気持ちはわかります。




ですが、先ほどお伝えしたとおり

ライティングは『型』をしっかりと

守るだけで大抵の人を超えてしまう

クオリティに仕上がります。




とくにWebライティングの中でも

SEOを強く意識した『SEOライティング』の

分野は感覚的に続けていても

うまくいきません。




SEOライティングは

データ・根拠こそがすべてで

上位表示する記事にはロジックが存在します。




しっかりとした根拠を持って

「ここはこうだから、こうする!」と

断言できるレベルで確信を持って書くことができます。




逆に言えば、そのロジックさえ理解できてしまえば

初心者でもベテランと同じように書くことができるのです。
↓↓↓

ハブ式 システマチックSEOライティングメソッド

今すぐ、構成を一生懸命考えるのをやめて『型』にあてはめてください

一生懸命考えて、考えて

書くべき内容を生み出すなんて

ことはしなくてもいいです。




いえ、むしろそんなことをしてはいけません。




それをやってしまうと

手が止まって時間もかかりますし

何よりうまくいくかどうかは

自分の知識量や運に委ねられることになります。




これではただの賭けです。




賭けに負ければ

読者に伝わりづらい難解な記事のできあがり。




PVも収益も0。




賭けに勝利して良い記事が出来上がったとしても

まぐれで生み出した記事なので再現性がなく

次回は失敗してしまうかもしれません。

…ですよね?




だから、記事の構成を一生懸命考えないでください。




あなたがやるべきことは型を守りながら

キーワードを正しい構成にあてはめる。

ただそれだけです。




何を書くべきなのか

どの順番で書いていくべきなのかは

最初から決まっています。




だからこそ、1記事目からハイクオリティな

記事が書けるし悩まずにスラスラと書くことが

できるのです。




ではその正しい構成とは

どのようにして見つけ出すのか?
↓↓↓

ハブ式 システマチックSEOライティングメソッド

記事を上位表示させるために必要なこと

SEOやSEOライティングの本質は

スピーディにユーザーの問題を解決して

検索行動を終わらせることです。




つまり検索行動が終わったかどうかまで

Googleは見ている、と言い換えられます。




では検索行動を終わらせるにはどうすればいいのか。




「だから、問題を解決するんでしょ?」

いえいえ、それは大前提です。




ここではもう一歩踏み込んで考える必要があります。




ユーザーの検索行動を終わらせるには

表面的な問題解決だけではいけません。



問題解決の過程や、問題解決後に生まれる

新たな悩みや潜在的な欲求まで満たしてあげるのです。




表面的な悩みを顕在(けんざい)ニーズ

潜在的な悩みを潜在ニーズと言うのですが




ほとんどの記事では表面的なユーザーの悩み

つまり顕在ニーズには触れられているのですが

潜在ニーズには触れられていません。




これではユーザーは

ページを見たあとにもう一度

検索をしに戻ってしまいます。




Googleは検索行動が終わるか

どうかを見ているので

もちろんSEO的にも好ましく

ありません。




記事には必ず潜在的なニーズを

満たすコンテンツも含める。

これを覚えておいてくださいね。




そして、ここでも大事なことは

一生懸命考えないこと。




あなたがやるべきことは型を守りながら

キーワードを正しい構成にあてはめる

ことだとお伝えましたよね。




顕在ニーズと潜在ニーズに対応

するキーワードを

4つの型にあてはめる。




これでユーザーのことを第一に考えた

ユーザーファーストな記事の完成です。




私が「1記事目から(初心者でも)

ハイクオリティな記事をスラスラ書ける」

と言えるのはこういうカラクリが

あるからなのです。
↓↓↓

ハブ式 システマチックSEOライティングメソッド

「でも、具体的な手順を教えてくれる人がいません…」

そうなんです。

冒頭でもお伝えした通り

なんとなくできそうな感じがする

ところまでは教えてもらえるのですが


その先、もっともっと細かい手順まで

事細かに教えてくれる人って

じつはいないんですよね…。



勉強して満足しても

いざやってみると書く手が

止まってしまう。




そんな悩みを抱えている人が

たくさんいますし

もちろん私もその中の1人でした。




できる人はできるけど

自分のような凡人には具体性が

不足している気がする。



そんな気持ちでした。




実際、この手紙を読んだ人の中には

ここまでに書かれていた内容だけで

「超参考になった!
速攻スラスラ書けるようになって結果が出ましたわ!!」



という人もいると思います。



でもきっと、まだ不安だったり手が

進まない人もいると思うのですよね。



で、もちろん私もそちら側の人間です。



そんな私でも、しっかり学んで

スラスラとハイクオリティな記事が

書けるようになりたい。



だから私はこう決意したのです。



「探しても探しても見つからないなら…

いっそ自分でライティングメソッドを作ろう!!」と。



そしてまずは、自分がどんな要素を求めているのか?
洗い出してみることにしました。
↓↓↓

ハブ式 システマチックSEOライティングメソッド

コメント

タイトルとURLをコピーしました